|不妊症と漢方薬

不妊治療と漢方薬

不妊症のカップルは10組に一組ともいわれているくらい不妊症に悩んでいるカップルは多いのです。
また赤ちゃんが出来にくいという不妊症疑いの方も含めると5組に1組ともいわれております。
不妊症は他人ごとではありません。
結婚して当たり前に赤ちゃんが生まれてと思い描いていたのが、なかなか赤ちゃんが出来ず、結果不妊治療へという、精神的にも金銭的にも大変な不妊治療を受けることになります。
不妊治療と漢方薬 の詳細へ

月経前症候群(PMS)と漢方薬

月経前症候群という言葉をご存知ですか?
PMSともいわれておりますがこれは生理も前にイライラしたり、急に泣きたくなったり、ボーとしてしまったり、落ち着きがなくなってしまったりこのような情緒が不安定な状態になる心の不調で現れます。
また実際に体の不調としては、おなかが張ったり、下腹部痛、疲れやすくなってしまったり、のぼせやむくみといった症状が出てしまったり、肌荒れがひどくなったり、乳房が張り痛くなってしまったりといった、身体への負担もあります。
月経前症候群(PMS)と漢方薬 の詳細へ

子宮筋腫と漢方薬

子宮筋腫をご存知ですか。
子宮筋腫とはよく聞くワードではありますが、実際その病気について知らない方が多いです。
子宮筋腫とは女性の子宮の病気の中では大変多くの方がかかる病気です。
40代の女性の4人に1人の割合でかかっているともいわれております。
子宮筋腫と漢方薬 の詳細へ

生理不順と漢方薬

女性にとって生理はとても大切な役割を持っており、10歳前後で生理になると50歳前後まで生理は毎月1度の周期でやってきます。
これは妊娠に備えて子宮内の壁を厚くして準備をしますが、妊娠が成立しない場合は子宮の壁がはがれて血液となり体外へ流れ出るこれが生理です。
生理不順と漢方薬 の詳細へ

乏精子症と漢方薬

男性の不妊症をご存知ですか。
不妊症といえば女性の問題と思われがちですが、実は女性は正常で男性が不妊症というカップルも少なくありません。
そんな男性の不妊症の多くが精子を作る機能に何らかの問題があることがほとんどです。
これを乏精子症と呼びます。
乏精子症と漢方薬 の詳細へ

生理痛と漢方薬

生理痛は人により症状やその重さも違ってきます。
全く生理痛がないという方もいれば、起き上がることが出来ないくらいに重い生理痛という方もおります。
女性は月に1度のサイクルで生理が来ますので、生理痛がひどい方は生理の日を気にしながらのスケジュール組が必要になってきます。
生理痛と漢方薬 の詳細へ

不妊症と漢方薬について

実は不妊症に悩んでいる女性は多く、一割弱の女性が何らかの形で今不妊症に悩んでいるともいわれております。
また10組に1組の夫婦でなかなか妊娠しにくいともいわれているくらい、不妊症は深刻な問題になっております。
また不妊治療となりますと精神的、時間的、金銭的にといったいろいろな壁がありなかなか不妊治療に踏み出せないという方も多いのが現状です。
不妊症と漢方薬について の詳細へ